公衆無線LANを使う際のデメリットとは?

セキュリティの問題がある

公衆無線LANを使う際の最大のデメリットとも言えるのが、セキュリティに問題があるというものです。公衆無線LANは誰もが使えることがメリットですが、誰もが使えるからこそ送信した情報も盗み取られ易いというデメリットを抱えています。ホームページの閲覧程度に使うのであれば、閲覧履歴データが盗み取られたとしてもそこまで困るものではありませんから、そこまで問題とはなりません。

しかし、ネットバンキングや通販サイトのようなサービスを利用するのであれば、脆弱なセキュリティは気になるところです。公衆無線LANを使ってこれらのサービスを利用したことで情報が漏洩し、勝手にお金を引き出されたりクレジットカードの番号を盗まれたりするのは決してありえない話ではないので、公衆無線LANのセキュリティリスクはよく理解しておきましょう。

通信速度が不安定なことも

公衆無線LANはセキュリティリスクが一番の問題ですが、速度面でもデメリットがあります。不特定多数の人間が利用するものであるため、同じタイミングに大勢の人が回線を利用すれば通信速度が低下をしてしまいます。そのため、さっきまでは快適に利用ができていたのに、急に使い物にならないぐらいに遅くなったということもあります。また、もともとサービスの一つとして提供をされているため回線自体がそこまで高速ではないため、利用者がそれほど多くなくてもあまり早くないということも珍しくありません。もちろん、快適に通信できる速度が提供されていることもありますが、公衆無線LANは速度を期待せずにちょっとした調べ物ができれば良いぐらいの気持ちで利用をするのが良いでしょう。