観光地でwifiを利用する際の注意点

なりすましアクセスポイントに注意しよう

無線子機がノートパソコンやスマホに搭載されることで、手軽に観光地でも無料wifiを使ってネット接続ができるようになっています。ただ観光地で無料wifiを使う場合において注意してほしいのが、悪質な「なりすましアクセスポイント」を利用してしまうことです。この「なりすましアクセスポイント」というのは、裏サイトで取り扱っている無線発信機を設置することで相手のノートパソコンやスマホにアクセスしてしまうことで悪用されてしまう手口になります。

厄介なのは無線発信機のアドレスを本家のものと似たような形で設定するので、素人目ではわかりにくいことです。もし「なりすましアクセスポイント」を使ってしまうと、メールアドレスを盗み取られてしまうことでウイルスや盗聴などの被害を受けることになります。

外出先で使うなら対策法を知っておこう

[なりすましアクセスポイント」の問題は年々巧妙化しており、何度も言うように素人ではわかりにくくなっています。そのため外出先で使うのであれば、必ず対策法を事前に知っておくことが肝心です。まず外出先で利用する場合にはWPAもしくはWPA2と記載されているwifiを使うことです。WPAおよびWPA2は暗号形式であり、複雑な暗号を設置することで突破されづらい最新式の方式です。WPAおよびWPA2かどうかを調べるには、記載されているアドレスの後方にネットワーク暗号という形で記載されているので確認します。

そのほかにもスマホにセキュリティーソフトをインストールしておくこと、パソコンとスマホのネット接続項目で外出先のwifiに自動接続する設定にしないしておくと安全です。

wifiを無制限に使うには、固定インターネットからルーター経由で使ったり、巷のフリースポットを活用したりする方法があります。