公衆無線LANを利用する事のメリットとは

出先でのデータ通信量の節約に便利

Wi-Fiに繋がずにスマートフォンを利用していると、携帯電話会社と契約している量のデータ通信量分しか使うことができません。そこで使い放題プランや、ある程度大きめのデータ通信量のプランを使っているなら問題ありませんが、人によってはスマートフォン料金を節約するために、1ヶ月に使えるデータ通信量が少なめのプランを契約している人もいるでしょう。そこで契約している分の通信量をオーバーしてしまうと、月末までインターネットを利用する際の動作が重くなってしまいます。この状態になると動画サイトを観ることも、電話やSNSの使用も限界で苦痛に感じる人もいるでしょう。そこで公衆無線LANを使うことにより、データ通信量を節約でき、契約した分の通信量をオーバーする状態を避けられます。

公衆無線LANを利用する際の注意点

公衆無線LANを利用すれば、データ通信量を節約でき、特に出先で動画を観る際はメリットが大きいでしょう。しかし、利用する際に注意しなければいけない部分もあります。公衆無線LANは家庭のWi-Fiのように通信の安全性が保証されていません。そのため、利用するにあたっては機密情報が流出してしまうリスクも伴います。したがって、公衆無線LANを利用する際は、クレジットカード情報をはじめ、自分の個人情報を入力しない、万が一入力する場面があれば、一旦無線LANを切って入力するようにしましょう。また、人によっては、公衆無線LANを利用して仕事をする人もいますが、会社の機密情報が流出するリスクが高いです。したがって、この場合は自分でポケットWi-Fiを契約するなどした方が良いでしょう。

モバイルwifiとは、どこにいてもインターネット環境に接続できる移動可能な通信端末のことです。手のひらサイズのものもあり、持ち運びにも便利です。